Googleオートコンプリートを使いロングテールワードから集客する方法


ナチュラルリンクを集めて収益を上げるためには、コンバージョンするワード、集客出来るワードなどを発見しなければいけません。
注意・・ただし、KPI(目的)がサイトのアクセスの場合は、集客ワードだけ意識してれば問題ありません。

何故かと言うと、現状ナチュラルリンクのみでは激戦ワードで戦うのは相当時間が必要だからです。
その前に収益化する事を考えると、2語、3語で検索されるロングテールワードでアクセスを稼いだ方が効率だと思います。

今回は「ロングテールワードを決める」方法を一つ紹介します。

Übersuggestで予想検索を調べる

Übersuggestを使って検索予想(Googleオートコンプリート)に挿入されるワードを調べます。

ちなみにGoogleオートコンプリートGoogleサジェストは下記のように、検索している途中で出てくる予測ワードです

特に僕はスマホで大活躍です。

下記例では「婚活」をテーマにしています。
Übersuggestに婚活と入力します。

すると、Googleオートコンプリートが一覧で出てきますので、とりあえず全部コピーします。

キーワードツールで月間検索数を調べる

次に、Googleキーワードツールに先ほどコピーした「Googleオートコンプリートが一覧」をペーストし検索します。

※今回はロングテールワードを探す目的なので3語以上の検索も考慮して部分一致で検索してますが、完全一致でも良いと思います。

そうすると、検索多い順位に今まで気づきもしなかったワードが出てきます。

婚活業界に詳しくないと、よくわからないワードが細々と見つかるので、業界を知る上でも面白いと思います。

キーワードを種別で分類する

検索キーワードというのは、そのユーザーの目的意志に基づいて分類するべきだと考えています。
例えば、調査目的のキーワードでいくらアクセスを集めても、コンバージョンに結びつきずらいです。

婚活の場合は
・婚活 2ch
・婚活 服装
などは安易に想像出来ると思います。

この辺のワードはむしろお役立ちコンテンツを作って、バイラルしそうなコンテンツを置くのが良いと思います。

そして、一番大切なコンバージョンしそうなワードを探す方法として、Googleのトラフィックお見積りツールでリスティング料金を目安にしたり、既にやっている人から聞いたり、アフィリエイトの場合はASPからの情報集め等があります。

実際に試すとワード選びで失敗したというのがわかるので、業界に詳しくなればその辺の判断がもう少し鮮明に出来るようになると思います。

そして、コンバージョンしそうなワードを選んだら、そのキーワードをさらに深掘り調査しページを作成します。
※これも手法がありますが、別の機会で・・・

キーワード選びが重要です

最初に言ったように、ナチュラルリンクで上位表示し、収益を上げる場合はロングテールワードでの集客が効率的だと思います。
そのためには、その業界における知識の達人になる必要があります。

経験がないジャンルの場合は、ロングテールワードを聞いただけで大体の集客数がわかるレベルになるまで、いろいろなワードを試してみてがいかがでしょうか。

キーワードを探せるツールのまとめサイトです
Webの物書きのための類語、関連語のキーワードツールまとめ18選


trackback パステル・ミディリン日記 12-04-12 (木) 13:11

Googleオートコンプリートのキーワード一覧を抽出する方法

Übersuggesthttp://ubersuggest.org/というサイトを使う。「日本語」「Web」にして検索をしてSuggestを押した後、select all keywordsを押すとキー…


ページトップへ