Googleに削除依頼を出しコピーされたコンテンツをインデックス削除する方法

文章コンテンツを第三者のサイトにコピーされた場合、Googleに対して「自分のコンテンツがパクられています」と訴えて(DMCA侵害申請と言います)コピーコンテンツをインデックスから削除依頼する事ができます。

複数の同じ文章コンテンツをGoogleが発見した場合、通常は

・投稿された日時
・ドメインの信頼度

等を元に、どれがオリジナル文章でどれがコピー文章なのかを自動判断しています。

この判断は僕も理解できない複雑なアルゴリズムが絡まっていると想像しますし、随時、更新しているかもしれませんね。

しかし、どうしてもアルゴリズム上の自動判断になりますので、昔よりは大幅に改善されていますが少なからず判断ミスも起こります。

そして自分の文章コンテンツがコピーと判断された場合は、検索結果に自分のサイトではなく、コンテンツをパクったサイトしか出てこない場合もあります。

そのような時に有効な手段になります。
(さらに…)


301リダイレクトをしなくてもGoogleはドメイン移転を認識する

古いドメインから新しいドメインへサイト移転する際に、Googleドメイン移転を認識する為には、

・古いドメインから新しいドメインへ301リダイレクトを行う

・古いドメインに新しいドメインへのCanonicalタグを記述する
※Canonicalタグ記述例
<link rel=”canonical” href=”http://新しいドメイン.com/” />

が一般的な方法だと思います。

しかし、このようなサイト運営者のアクションが無くてもGoogleはサイトが新しいドメインへ移転したことを認識します。

今まで確認出来た事例は下記になります。

・旧ドメインのトップページのみに「ドメイン移転しました。http://新しいドメイン.com/(新しいドメインへのリンク)」というHTMLファイルを記述。

・旧ドメインはrobots.txtやnoidexでクローラーやインデックスを弾いていない。

この場合でも、旧ドメインのインデックスが新ドメインのものに入れ替わっている事を確認しております。
また、新ドメインでの「link:http://新しいドメイン.com/」での被リンクデータにも、旧ドメインのリンク元が出現しております。

つまり、Googleはコンテンツの中身を分析して、ドメイン移転が行われた事を認識した形になります。

もし警告やペナルティを受けたドメインをペナルティリセット目的で新しいドメインへ移す場合、正しい知識をもってドメイン変更しなければ、ペナルティまで新ドメインへ移行されてしまいますので注意してください。

宣伝

2012年10月15日(月)~18日(木)の間、パブコンラスベガス2012が米国・ネバダ州 ラスベガスで開催されます。
また現地ではSEO勉強会を開きますので、もし参加希望の方がいらっしゃいましたら是非お申込みください。

詳細
↓↓↓
http://www.genius-web.co.jp/tour/


FireFoxで検索結果パーソナライズド化を無効にする方法

Yahooが一部採用しているパーソナライズド検索ですが、検索結果に「頻繁に訪問するサイト」が表示されて、正しい順位が測定出来ないと思っている方へ、FireFoxを使った回避方法をお伝えします。

※ブラウザの設定変更が必要ですので、自己責任でお願いします。
(さらに…)


ページトップへ