玄箱のKDEを日本語で使う方法

# aptitude install language-env canna freewnn-jserver skkserv canna-utils

# dpkg-reconfigure -plow locales

ここで、localesの設定でja_JP.EUC-JPとja_jp.UTF-8を選び、次のシステム標準設定でja_JP.EUC-JPを選ぶ

# set-language-env -R

言語は8番japanese を選択その後、X window-systemで動くプログラムの設定で、.Xresourcesと.xsessionの設定のときのみYを入力、後はnで突き通す

次に必要なパッケージをインストール(一応全部入れてみました)

# aptitude install ja-trans manpages-ja egg emacs21 xemacs21-mule-canna-wnn jless vim jvim-canna ttf-kochi-mincho-naga10 ttf-kochi-gothic-naga10 x-ttcidfont-conf kinput2-canna kde-i18n-ja nvi-m17n-canna kterm

#vi .xsession

.xsessionを開き、頭に下記を付け加える

TERMINAL_EMULATOR=”NONE” ←この行

# —- language-env DON’T MODIFY THIS LINE!
# 以下のシェル変数によって、動作が変わります。
# $TERMINAL_EMULATOR

あとは、kdeでログイン後、コンパネで言語選択で日本語を選択すれば、いけるはず。。

ついでにフォントも等幅以外は、ゴシックにするとwindowチック!?


玄箱/HG Debian化apache2の設定方法

まず、apt-getで apache2をインストール

# apt-get install apache

次に、パールををインストール

# apt-get install libapache-mod-perl

そして、httpd.confを編集

# vi /etc/apache/httpd.conf

httpd.conf編集箇所

DirectoryIndex index.html index.cgi index.pl index.php index.xhtml

DirectoryIndex index.html index.htm index.cgi index.pl index.php
index.xhtml index.shtml

HostnameLookups Off

HostnameLookups On

LanguagePriority en da nl et fr de el it ja ko no pl pt pt-br ltz ca es sv tw

LanguagePriority ja en da nl et fr de el it ko no pl pt pt-br ltz ca es sv tw

#AddHandler cgi-script .cgi

AddHandler cgi-script .cgi .pl

httpd.conf追加箇所
#<Directory /home/*/public_html>〜<Directory>の下あたり
<Directory /var/www/phpMyAdmin>
AllowOverride All
</Directory>

#AddHandler cgi-script .cgi .plの下あたり
#AddHandler send-as-is asis
AddHandler send-as-is asis

次に、デフォルト設定ファイルを編集

# vi /etc/apache/sites-available/default

編集例。

DocumentRoot /var/www/
<directory>
Options FollowSymLinks
AllowOverride All</directory>

#wwwでもCGIを使えるようにする
<Directory /var/www/>
Options Indexes FollowSymLinks MultiViews ExecCGI
AllowOverride All
Order allow,deny
Allow from all
# This directive allows us to have apache2′s default start page
# in /apache2-default/, but still have / go to the right place
#RedirectMatch ^/$ /apache2-default/
</Directory>
#cgiエイリアスを変更
#ScriptAlias /cgi-bin/ /usr/lib/cgi-bin/
ScriptAlias /cgi-bin/ /var/www/cgi-bin/
#<Directory “/usr/lib/cgi-bin”>
<Directory “/var/www/cgi-bin”>
AllowOverride None
Options ExecCGI -MultiViews +SymLinksIfOwnerMatch
Order allow,deny
Allow from all
AddHandler image/gif .gif
AddHandler image/jpeg .jpeg .jpg .jpe
AddHandler image/png .png
AddHandler text/html .html .htm
</Directory>

次に、パールのパスのシンボリックリンクを追加
# cd /usr/local/bin
# ln -s /usr/bin/perl perl

mod_rewriteを使いたければ、rewriteのシンボリックリンクを追加
# ln -s /etc/apache2/mods-available/rewrite.load /etc/apache2/mods-enabled/rewrite.load

そして再起動
# /etc/init.d/apache2 restart


LinuxのSambaで.htaccess等の隠しファイルを表示する設定

玄箱を使っているのですが、Sambaで.htaccessを隠しファイルとして扱わない方法があります。

/etc/samba/smb.confに以下を追記

hide dot files = no

これで.htaccess等の隠しファイルが普通のファイルとして表示されます。

ついでに他の設定も

hide files =

指定した名前のファイルをhidden属性にする。

veto files =

指定した名前のファイルを存在しない事にする。一覧することもアクセスすることも出来ない。


ページトップへ